スマホの歴史を知ろう

メーカー修理のメリット

キャリアスマホを持っている方であれば、なじみ深いメーカー修理ですが純正のパーツを使って交換修理をしてくれるので相性問題がほとんど無く動作します。また保証期間が設けられているので、その間であれば何度でも低価格で修理出来るのも嬉しいポイントです。
修理の流れとしてはキャリア、またはメーカーに修理依頼を行いスマホの発送をします。サービスによって発送料金を負担するケースもあるので注意して下さい。修理期間はおおよそ1~2週間で、キャリア契約の場合は代替機を用意してくれるので、新たにライフラインを確保する必要はありません。
修理返却後、動作確認をして万が一改善していない場合は再修理が適用されるので金銭的な負担は、ほとんどありません。

メーカー修理のデメリット

スマホには写真や動画のデータはもちろんですが、ダウンロードしたデータやアプリ内データと多くの情報が詰まっています。
メーカーへ修理を出した場合、ほとんどのケースで部材修理になるので購入した時の状態に戻ってしまいます。当然データは自己責任になるので、起動出来ずに修理に出した場合データが戻ってくる可能性が低くなります。
このトラブルを防ぐには定期的にデータのバックアップをしたり、データのサルベージ業者へ依頼したりします。しかし専門業者でも確実ではありませんし、高額な費用請求されるケースもあります。またメーカーでの修理は保証期間を設けられているので、それを過ぎてしまうと修理金額が発生するので気をつけて下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る